秘色 hisoku

「今ココ」を全力で生き抜くために、ボクたちは何ができるんだろう? オラクルカードとルノルマンカードで探る宇宙の意思。夜の森を照らす星の想い。

6.16 Today's message

 

6月9日の射手座満月を経て、17日はもう下弦の月

 

いまの時期は、先月の双子座新月のころ新しく始めたこと、

 

始まったことが、ひとつの実りを迎えて、収穫できるときです。

 

嬉しい成果を受け取れる夏至まえの季節。

 

そして、風は変わってゆきます。

 

今はほっと一息^^

 

次のかに座新月(24日)までは、あせらずにゆっくりと・・。

 

物理的にも心理的にも、「スペース」をつくりだすことによって

 

平和な気持ちが得られると思うので、ちょっと意識してみるといいかも。

 

(なんでもぎゅうぎゅう詰め込んでると、苦しくなるよね。)

 

月はいま魚座を運行中です。

 

まわりにいる人たちの思いに寄り添いながらも

 

自分の気持ちにも素直に、自由に・・。

 

そんな時間です。

 

 

 

 

f:id:hisoku57:20170614155114j:plain

 

-----------

 

 

『花束を彼女へ』

 

 

 

月の気配をいだいた窓越しに
 
 
夜をのぞいていた
 
 
北斗七星が耀けるそらに
 
 
しんしんと溢れでる夜空の溜めいきが
 
 
(蛍のいない蛍の季節のなかで)
 
 
光の筋がひかれた夏はいつだったろうと
 
 
 
 
 
 
--- 夜が沈んでゆくとき
 
 
遠くに松明の炎がのぼってゆく
 
 
水気を含んだ森のしげみに
 
 
よもぎのほうきは振られ
 
 
暗闇のなか
 
 
無心に光をあつめる愛すべき影たち
 
 
光はこの手につかむと
 
 
あまりに小さすぎて
 
 
ふたたび舞う姿を追いかける夏のもとへ
 
 
その光のいのちは放たれる ---
 
 
 
 
 
 
きえてゆく光が
 
 
刻印をのこして
 
 
零れ去る日々
 
 
ことばのなくした月日に
 
 
風は立ちすくみ
 
 
ときの清流に足をつけている
 
 
はるか向こうのそらを色褪せるまで眺めているこの岸辺が
 
 
しあわせな場所であるように
 
 
記憶のかたわらにいる
 
 
想いの手をとり
 
 
わたしはありがとうと言いつづけている
 
 
 
 
 
 
やさしい時間たちに
 
 
ゆるされようとしながら
 
 
からだの傷跡をひそかにひらいては埋めている
 
 
この手から溶け落ちてゆくもの
 
 
どこかとおくへ遠ざけて
 
 
自分から追いかける旅のすえ
 
 
見えなくなったしるべ
 
 
 
 
 

--- 夏の木立の匂いがしたとき
 
 
光が
 
 
現在(いま)に舞っていた ---
 
 
 
 
 
ぬるい風を分け
 
 
そのすがたを宿す幻の景色は
 
 
天使がときおり口ずさむ
 
 
美しい詩(うた)のように
 
 
記憶のほうから見出されたこの岸辺へと
 
 
いつの日にも
 
 
また舞いもどり
 
 
輝きつづけるのだろう
 
 
 
 
 

  
欠けてゆく月に
 
 
時はやさしく口伝え
 
 
夜の闇は
 
 
光に身をあずけようと
 
 
明けてゆく
 
 
清籟(せいらい)が聞こえる
 
 
遥かなみち
 
 
わたしたちはその
 
 
奏でられるときの調べを
 
 
ここできいている ---

 

 

 

 

 

 

♡読んでくださり ありがとうございます

5.26 双子座新月の僕たちへ

 
今日は双子座の新月。 
 
月はいま静かにその姿を消しています。
 
そらからはメッセージが、鮮やかに、わたしたちに届いてきています。

 

--- 新しいステージへ。
 
それぞれが情熱によって、これまでの枠を飛び越え、羽ばたく。
 
その新しい世界でわたしたちを迎える、大きな喜び ---。
 
 
 
そんなイメージが浮かび上がってくる、今回の新月のそら。
 
今日は星のホロスコープから、メッセージを読み解いていきたいと思います。
 
 
 
新月データ
 
2017年5月26日AM4:44
 
太陽・月: 双子座5度 サビアンシンボル「革命のための雑誌が決起を促す」
 
水星(双子座の支配星):おうし座
 
 
火星も双子座。いて座の土星と180度で対峙。 
 
この火星と土星に、牡羊座天王星が調和的に繋がっていて
 
わたしたちの真の「強さ」を発揮できるよう支えてくれています。
 
 
 
・・これは困難なことや、環境的な制約があっても、
 
「自分の精神は常に自由である」ということを忘れず
 
ただ純粋に、知性を磨いてゆくことに情熱を傾ける。
 
透明な心で、忍耐強く、ものごとを探索してゆく。
 
そうして知性を深化させることで
 
自分自身成長してゆける・・。
 
そんな宙(そら)の景色に感じます。
 
 
 
天王星は強い改革のエネルギーも、放っています。
 
自分のなかの理想の絵を形にするために、
 
行動を起こしてゆくのを後押ししてくれる強力なちから。
 
風景の端の世界に(もしくは風景の一部となって溶け込んで)住んでいると思っていたわたしたちは
 
実は自分が世界を創り上げる存在だったと、
 
自分で自分にかけて縛ってしまっていた制限を解き
 
より自由に、それぞれの才能を取り出して表現してゆく。
 
 
 
--- 鮮やかに自分自身をひらき、変わるとき。---
 
 
わたしたちの、意識の変化をうながすメッセージが込められている、星の配置。
 
新しい道への勇気が求められそうな、気配のとき。
 
 
 
天王星の近くには愛の星金星がいて、これはてんびん座の木星と、向かい合っています。
 
そして山羊座冥王星とは90度の位置で結びついています。
 
この新月でわたしが一番強く惹きつけられたのが、
 
この3つの星が生み出すエネルギーです。
 
新月全体のエネルギーと共鳴し合い、
 
ひらかれた景色の見える場所へ向かう力強い原動力となりそうです。

 

--- ただ自分のためだけに輝き、情熱の行く末を探す光のさみしさは
 
影からすくい出され
 
わたしたちが輝くとき
 
見つめる向こう側の世界も照らされていると気づくことのできる誰かが
 
より高い場所へ、皆を見渡せる場所へ、のぼってゆく。
 
以前は届けられなかった想いも言葉も
 
光とともに、真っすぐに、届くように ---。
 
 
他者を照らすことで浮かび上がる、自分の輝きと愛情。
 
優しさや気持ちを言葉によって伝えてゆくこと。
 
感謝を伝えてゆくこと。
 
愛を、深く、そして広くひろめてゆくこと。
 
人を助けてゆくこと。
 
・・それによって得られる、まわりからの信望のまなざしと
 
自己実現のための機会。
 
 
愛とは、大いなる魂を変え、より良いものにする力
 
 
大いなる魂を育てるのは、私たちなのです。
 
私たちが良くなるか悪くなるかによって、
 
私たちの住む世界は良くも悪くもなります。
 
・・そこで愛の力が役に立つのです。
 
なぜなら、私たちは愛するとき、
 
もっとよくなろうと必ず努力するからです。
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

 

 

 

--- 今、まわりの風景は青葉できらめいています。
 
 
夢から目覚め
 
木洩れ日の場所へもどるように
 
ここに昔からずっとあった愛を、
 
目を逸らしていたまなざしを、
 
見つめてゆく。
 
 
 
輝きのなかで
 
照らされ包まれて
 
向かい合い、
 
繋がってゆくものを
 
信じつづける。
 
 
 
--- 新しいステージへ。
 
それぞれが情熱によって、これまでの枠を飛び越え、羽ばたく。
 
その新しい世界でわたしたちを迎える、大きな喜び ---。
 
 
 
 
 
 
この新月
 
愛を携え、高い場所へ導かれるのは、きっとあなたなのだと思います。
 
 
 
 
 
 

f:id:hisoku57:20170519130314j:plain

 
 
・・よい新月を・・^^
 
 
 
 
 
 

5.11 蠍座満月とねがいごと

 

 5月11日はさそり座の満月です。
 
今回の満月は月の光を自分の手で降ろすような
 
そんなイメージのエネルギーです。
 
希望を掴み取るような、願望達成の雰囲気。
 
うっかり過ごしてしまうのにはもったいない!満月なので、
 
今日はよくある月への願い事や引き寄せについて、少し書いてみたいと思います。
 
 
 
 
新月・満月の願い事や引き寄せの法則は、いろいろなやり方があると思いますが
 
基本的な考え方があってはじめて、具現化のスタートに立ちます。
 
 
それは、
 
「すべては、現在(ここ)にありつづけている」ということ。
 
そして「真にわたしたちが望むものも、もうここにある」ということ。
 
この2つの考えを心に留めておくことが、ポイントになります。
 
 
ここをおさえておかないと
 
願いは自分の「欲望」、そしてその裏返しの「恐れ」を、
 
未来にむけて唱え続けるだけの空虚なものになってしまいます^^;
 
 
過去にあったものを取り戻すのでもなく
 
未来に手に入れるものでもなく
 
ここにずっとある
 
ずっとあるものを、意識的に見続けていくこと。
 
それが、現在(いま)を生きるわたしたちの力と、安心感に繋がり
 
自分自身の基盤をしっかりと固めるゆるぎない根として
 
大地の奥底まで拡がってゆくことになる。
 
 
実際に引き寄せをしようと思わなくても、もうわたしたちは勝手に引き寄せているし、
 
願いの結果に自然と引き寄せられているのですよね。
 
それが現在(いま)いるわたしたちの世界のすべてだから。
 
そこのところに気づいていって、
 
運やまわりの人・環境など、自分がとくに恵まれていると感じる部分と、
 
「これは努力で得た」もしくは「得られていない」と思う部分を振り分けていけば、
 
いろいろとはっとするようなことが、あるんじゃないかと思います。
 
 
あえて願い事をするべきなのは、「得られていない」と思うことではなくて、
 
「恵まれていると感じる」ことのほうなんです。
 
ここものすごーく重要です。
 
普通「得られていない」「欲しい!」「叶えたい!」という事柄のほうをお願いしてしまうけれど
 
でも、このとき自分は何に焦点をあててしまっているのか、
 
どういう気持ちで心がいっぱいなのか、
 
「感謝」はどこに置き去りにされているのか、
 
このあたりが理解できれば、上手な願い事の活用ができて
 
想像以上の成果や現実も、呼び込めるようになるのでは・・、
 
真の自分を生かしていけるのでは、
 
と思います。
 
簡単ですが、願い事や引き寄せのポイント、こんなかんじです。^^
 
 
さそり座の満月、みなさんにとって、素敵なよい満月の日になりますように・・。

 

 

f:id:hisoku57:20170509223326j:plain

 


♡読み終わったらポチっとして応援してね!

4.24 Today's message

 
 
ここからひろがる空に向けて
 
 
 
届けられる願い
 
 
 
澄んだ心の声が新緑を揺らし
 
 
 
鳥の声は風に響き梢(こずえ)に添い光とともに流れ落ちる
 
 
 
緑のみちをくぐりぬける影を追いかけ
 
 
 
ちいさな風車は音をたててまわる
 
 
 
花束を抱えたその日をあなたに贈るため
 
 
 
白い空の幕はひらかれる
 
 
 
 
 
すべてがこの春のための
 
 
 
大切な時間だったねと
 
 
 
遠く霞む山を歩きつづけた記憶に
 
 
 
まえよりも強くなれた自分をおもい
 
 
 
いまわたしたちにひらかれる鮮やかな幕を
 
 
 
腕をひろげ迎え入れてゆく
 
 
 
 
景色滲みあしもとに落とした
 
 
 
あのころの弱かった手は
 
 
 
何度も強く握られ
 
 
 
ほころびの光を縫い合わせるように
 
 
 
わたしたちは幾度もこころを繋ぎなおし
 
 
 
結びなおし
 
 
 
この季節に贈りわたされたあのひとからの言葉は
 
 
 
春の陽がめぐり来るたびあたたかく力強い光を帯びる
 
 
 
 
経験も
 
 
 
がんばりも
 
 
 
すべてがかけがえのないものだったと
 
 
 
わたしたちは眩い白い空に一つの絵を
 
 
 
架けつづけ
 
 
 
空はわたしたちの願いを
 
 
 
叶えつづけている
 
 
 
 
 

f:id:hisoku57:20170422231932j:plain

 
 
 

4.15 Today's message

 
 
 
落花
 
 
 
永遠は瞬きの間
 
 
 
正の時空をながれ生きるわたしたちの儚い宴
 
 
 
真っすぐに時間(とき)をゆくしかない
 
 
 
零れ落ちるなみだの中で
 
 
 
駆け抜けてもこの直線のうえ
 
 
 
踏みはずす場の消えた
 
 
 
春の旋律
 
 
 
生命のきらめきと闇はひとひらに縮小され
 
 
 
わたしたちは薄い一枚の向こうから世界を眺めている
 
 
 
遥か見えない花の影に魅了されたようだったあなたは
 
 
 
光の在りかをわたしに問う
 
 
 
 
 
 
凍らせた記憶の涙の解けることを祈れば
 
 
 
いつか姿を変え、会いに来てくれるのだろうか
 
 
 
遠い宇宙
 
 
 
輝く金星が透きとおるまなざしで包むのは
 
 
 
わたしたちのなかの記憶の振動
 
 
 
愛の星は振り返り
 
 
 
現在(いま)へ頷き
 
 
 
ゆらめく感情の濃淡を撫ぜながら
 
 
 
花の風をゆっくりと、分け
 
 
 
永遠の現在(いま)を
 
 
 
眩く
 
 
 
ゆるぎなく生きるための光を
 
 
 
私たちにいだかせる
 
 
 
 
 
瞼を上げるともうハナミズキがひらき
 
 
 
次の春を照らし
 
 
 
光の在りかを知ったわたしたちは
 
 
 
その鼓動で桜の道を踏みしめる
 
 
 
 
 
 
愛の流れは導かれ
 
 
 
降りつづいたまま
 
 
 
静かに落ちて
 
 
 
あなたのてのひらへ
 
 
 
満ちてゆく
 
 
 
 
 
美しかった昨日の春に背を押され
 
 
 
瑞々しいあおに名前を呼ばれて
 
 
 
 
わたしたちは次の陽へ向かう

 

 
 
 
 
 

f:id:hisoku57:20170414220120j:plain

4.08 Today's message

f:id:hisoku57:20170325122346j:plain

 
 
 
 
桜の夜の
 
 
 
 
滲む気配は少し甘く
 
 
 
 
繰り返される記憶の花片は
 
 
 
 
幾重にも重なり私たちを包む
 
 
 
 
 
 
やがて花降る、春の折り目
 
 
 
 
 
静寂に流れる川の音(ね)とふわり浮かぶ明かりを背に
 
 
 
 
濃藍に白く濡れるように咲く桜花は次の景色へと
 
 
 
 
私たちを繋ぐ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
旅立ちの春
 
 
 
 
これまでの風景と
 
 
 
 
これからの道と
 
 
 
 
あらたに結ぶ想い
 
 
 
 
 
 
 
 
明日へ流れてゆく雲に
 
 
 
 
筆をのせ
 
 
 
 
あなたは何色の空を
 
 
 
 
描くのでしょうか
 
 
 
 
 
 
 
 
想いが、
 
 
 
 
勇気が、
 
 
 
 
風を変える四月
 
 
 
 
 
この瞬間のこぼれる花に誓いを立て
 
 
 
 
私たちはより大きな空へ
 
 
 
  
羽ばたいてゆく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3.27 Today's message

f:id:hisoku57:20170313215639j:plain

 

 

オリオン座が空と雲の狭間に浮かび

 

 

静かな夜の均衡を形に描く

 

 

 

透き通った私たちは

 

 

春の夜空を抱き寄せる

 

 

 

ときに深く沈む恐れは

 

 

ちょっとした「想像」の揺らぎ

 

 

それはやがて愛に変換できる今だけの靄

 

 

 

 

私たちが透明になれれば

 

 

春夜の淡い、薄い、色彩も香気も

 

 

星たちとともに

 

 

胸の奥に拡がってゆくの

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ、新しい扉が開くよ

 

 

それは

 

 

たぶんあなたの内側で

 

 

 

 

絵を描きはじめるのは、外の世界ではなく

 

 

瞼を閉じ

 

 

内なる宇宙

 

 

春の喜びを

 

 

おもいきり描いて