秘色 hisoku

夜の森を照らす星の想い。

4.24 Today's message

 
 
ここからひろがる空に向けて
 
 
 
届けられる願い
 
 
 
澄んだ心の声が新緑を揺らし
 
 
 
鳥の声は風に響き梢(こずえ)に添い光とともに流れ落ちる
 
 
 
緑のみちをくぐりぬける影を追いかけ
 
 
 
ちいさな風車は音をたててまわる
 
 
 
花束を抱えたその日をあなたに贈るため
 
 
 
白い空の幕はひらかれる
 
 
 
 
 
すべてがこの春のための
 
 
 
大切な時間だったねと
 
 
 
遠く霞む山を歩きつづけた記憶に
 
 
 
まえよりも強くなれた自分をおもい
 
 
 
いまわたしたちにひらかれる鮮やかな幕を
 
 
 
腕をひろげ迎え入れてゆく
 
 
 
 
景色滲みあしもとに落とした
 
 
 
あのころの弱かった手は
 
 
 
何度も強く握られ
 
 
 
ほころびの光を縫い合わせるように
 
 
 
わたしたちは幾度もこころを繋ぎなおし
 
 
 
結びなおし
 
 
 
この季節に贈りわたされたあのひとからの言葉は
 
 
 
春の陽がめぐり来るたびあたたかく力強い光を帯びる
 
 
 
 
経験も
 
 
 
がんばりも
 
 
 
すべてがかけがえのないものだったと
 
 
 
わたしたちは眩い白い空に一つの絵を
 
 
 
架けつづけ
 
 
 
空はわたしたちの願いを
 
 
 
叶えつづけている
 
 
 
 
 

f:id:hisoku57:20170422231932j:plain