秘色 hisoku

夜の森を照らす星の想い。

5.11 蠍座満月とねがいごと

 

 5月11日はさそり座の満月です。
 
今回の満月は月の光を自分の手で降ろすような
 
そんなイメージのエネルギーです。
 
希望を掴み取るような、願望達成の雰囲気。
 
うっかり過ごしてしまうのにはもったいない!満月なので、
 
今日はよくある月への願い事や引き寄せについて、少し書いてみたいと思います。
 
 
 
 
新月・満月の願い事や引き寄せの法則は、いろいろなやり方があると思いますが
 
基本的な考え方があってはじめて、具現化のスタートに立ちます。
 
 
それは、
 
「すべては、現在(ここ)にありつづけている」ということ。
 
そして「真にわたしたちが望むものも、もうここにある」ということ。
 
この2つの考えを心に留めておくことが、ポイントになります。
 
 
ここをおさえておかないと
 
願いは自分の「欲望」、そしてその裏返しの「恐れ」を、
 
未来にむけて唱え続けるだけの空虚なものになってしまいます^^;
 
 
過去にあったものを取り戻すのでもなく
 
未来に手に入れるものでもなく
 
ここにずっとある
 
ずっとあるものを、意識的に見続けていくこと。
 
それが、現在(いま)を生きるわたしたちの力と、安心感に繋がり
 
自分自身の基盤をしっかりと固めるゆるぎない根として
 
大地の奥底まで拡がってゆくことになる。
 
 
実際に引き寄せをしようと思わなくても、もうわたしたちは勝手に引き寄せているし、
 
願いの結果に自然と引き寄せられているのですよね。
 
それが現在(いま)いるわたしたちの世界のすべてだから。
 
そこのところに気づいていって、
 
運やまわりの人・環境など、自分がとくに恵まれていると感じる部分と、
 
「これは努力で得た」もしくは「得られていない」と思う部分を振り分けていけば、
 
いろいろとはっとするようなことが、あるんじゃないかと思います。
 
 
あえて願い事をするべきなのは、「得られていない」と思うことではなくて、
 
「恵まれていると感じる」ことのほうなんです。
 
ここものすごーく重要です。
 
普通「得られていない」「欲しい!」「叶えたい!」という事柄のほうをお願いしてしまうけれど
 
でも、このとき自分は何に焦点をあててしまっているのか、
 
どういう気持ちで心がいっぱいなのか、
 
「感謝」はどこに置き去りにされているのか、
 
このあたりが理解できれば、上手な願い事の活用ができて
 
想像以上の成果や現実も、呼び込めるようになるのでは・・、
 
真の自分を生かしていけるのでは、
 
と思います。
 
簡単ですが、願い事や引き寄せのポイント、こんなかんじです。^^
 
 
さそり座の満月、みなさんにとって、素敵なよい満月の日になりますように・・。

 

 

f:id:hisoku57:20170509223326j:plain

 


♡読み終わったらポチっとして応援してね!